KIRIN 一番搾り

1989-1996

開発を始めた2年前、入社したての社員が発したアイデアが商品化されたのが「一番搾り製法」です。ドイツで知ったこの製法は、2番搾りをせず捨ててしまう製法です。上面醗酵でも下面醗酵でもなくピルスナーでもエールでもないビールの製法でした。「麦芽を徹底的に無駄にするな!」と教育されていた社員にとってあってはならないものづくりの製法です。しかし商品化できた最大の理由は、当時の社長が全ての工場に直接出かけ説得されて可能になったものだったのです。多分社長には“スーパードライ”が近い将来、自分たちを脅かす商品に成長することを見込んでおられたのではないでしょうか。

結果は、ものすごい勢いで伸びて行き、ラガービールの存在さえ脅かす立場になって行きます。ラガービールの成功した理由、一番搾りが成功した理由、スーパードライが成功した理由・・・。全てに決定的な理由がありました。しかし、そのどれにも共通していた理由は、強いリーダーの判断力と行動力があったことだと思いました。

このページをまとめたPDFをダウンロードできます。

Copyright(c)1972 DRAFT Corporation. All Rights Reserved.